メンタルの問題に対峙する

ウーマン

人気のある資格です

現代人は会社や学校でうつ病や自殺、登校拒否、引き籠りなど様々な問題に直面しています。その中で心の叫びをあげて助けを求めている人がいるのです。そのような心のケアをする人を心理カウンセラーとよびます。心理カウンセラーになるには特別な資格は必要ありません。つまり国家資格はなく民間団体や協会などが独自に認定する資格としては存在します。一般に言う臨床心理士は大学院を終了する事が条件なのと比べハードルは低いと言えます。民間スクールや通信講座で資格を取得して心理カウンセラーとして活躍する事も可能なのです。心理カウンセラーは心の問題に悩む人と対峙し援助をする仕事なのですが、相談者に問題を解決するアドバイスをするのではありません。相談者の心に寄り添い支援をするのが主な仕事です。具体的には相談者の話を聞きながら、相談者が自ら気付きを導き出せるように支援をするのです。ですから一人の相談者に対して相当の時間をかける事になります。気付きから相談者の心の変化を通して一緒に少しずつ糸口を考えるのです。心理カウンセラーは個人で開業する事もありますが、会社や学校、病院などでも高いニーズがあります。そこには心に闇を持って悩み続けている人が多くいるのです。心理カウンセラーは現在では身近な存在であり、そういった悩みを持って不調を訴えたらカウンセリングを受けると言う考えも浸透して来ています。悩みを抱える人が心理カウンセラーへ相談する事で救われるのです。それこそやり甲斐のある仕事ではないでしょうか。

Copyright© 2018 整体師になるには専門学校に通うべし【採用率がグッと上がる】 All Rights Reserved.