妊娠をしたら葉酸を摂ろう|健康なBabyを出産できる

女性

先天性疾患を防ぐ

サプリを飲むレディ

妊活をしている方や、現在妊娠しているという方は、葉酸といった栄養分を補給しておいた方が良いでしょう。赤ちゃんの神経管や脊髄を形成する際には、妊婦さんは葉酸といった栄養分が必要になります。この栄養分が不足してしまうことで、神経管閉鎖障害といった病気を引き起こしてしまうことがあります。この病気は、脳や中枢神経が上手く作られない先天性の障害になります。この病気を引き起こさせないためにも、葉酸を積極的に摂取しなくてはいけません。また、妊娠中に葉酸を取りはじめるのではなく、妊活をしている時から摂取していた方が良いといえます。お腹の中の赤ちゃんが形成されるのは、4週目から5週目になります。栄養不足にならないためにも、普段から取っていた方が良いでしょう。

葉酸はお腹の中にいる赤ちゃんに良い影響を与えるだけでなく、妊婦さんの体内の調子を良くしてくれます。その一つとして、妊婦さんの免疫力を高めることができます。妊娠をすることで、免疫力が通常より低下してしまい、風邪などの病気を発症してしまい、治しにくい体質になってしまいます。しかし、葉酸を取っていれば、病気を発症しない強い体作りを行うことができ、健康な状態を保つことができるでしょう。免疫力をつけることで、お腹の中の赤ちゃんも健康で元気に成長していきます。葉酸は、厚生労働省から認可されている栄養分で、産婦人科でも妊婦さんに強く勧めています。ですので、一日分の必要な栄養分を補って、元気で健康な赤ちゃんを出産しましょう。