妊娠をしたら葉酸を摂ろう|健康なBabyを出産できる

女性

栄養を補給する

栄養補助食品

お腹の中の赤ちゃんがすくすく元気に育つように、普段の食事に気を使っている妊婦さんは多くいるのではないでしょうか。バランスの取れた食事をすることで、体内に必要な栄養分を補うことができ、それをお腹の中にいる赤ちゃんに与えることができます。妊婦さんが口にした食事は全てお腹の中の赤ちゃんに影響するので、身体に良いものを摂取したいですよね。妊婦さんが取らなければならない栄養分は多くありますが、その中にはカルシウムといったものがあります。カルシウムは、普段の食生活で不足がちになっています。カルシウムは、赤ちゃんの骨や歯を形成させるために必要な成分で、また、母子の身体も摂取しなくてはなりません。骨や歯を形成してくれる効果のあるカルシウムが不足してしまうと、赤ちゃんに栄養を送るために妊婦さんの骨や歯がもろくなってしまいます。そのため、歯が欠けてしまったり、少しのことで骨が折れたりしてしまうこともあるでしょう。そのため、カルシウムは積極的に摂取していた方が良いでしょう。

妊婦さんが摂取しなくてはいけないカルシウムの分量としては、650ミリグラムとされています。定められている摂取量を取っていれば、カルシウム不足になることはありません。毎日必要な分量を体内に補うためには、カルシウムなどの栄養分が含まれている食材を食べるようにしましょう。カルシウムとなると乳製品や小魚をイメージされる妊婦さんも少なくありません。これ以外にも、海藻類、大豆製品、小松菜、モロヘイヤになっています。