妊娠をしたら葉酸を摂ろう|健康なBabyを出産できる

女性

赤ちゃんに会える

妊婦

妊娠をして10か月目になると、臨月といった時期に入ります。臨月になると出産する手前と考えておいた方が良いでしょう。この時期に入ると自宅で安静にしておかないといけないと思われている方も少なくありません。いつ陣痛や破水するか分からないため、極力外に出ないようにしている方も多くいるでしょう。ですが、臨月に入った際はできるだけ運動をしておいた方が良いといえます。運動をしていないと、体重がどんどん増えてしまい、太りすぎになってしまいます。妊娠中に太りすぎてしまうことで、妊娠高血圧症、妊娠糖尿病を発症してしまう危険性があります。病気を発症してしまうことで、早産や流産、難産になる原因にも繋がります。また、妊娠継続が難しく帝王切開をしなくてはいけないことも考えられます。こういったリスクを起こさないためにも、臨月に突入した際は、体重管理をしなくてはいけません。体重管理をするために、身体を無理のない範囲で運動をしておきましょう。運動をすることで、体重が大幅に増えることはありません。さらに、子宮口が開きやすくなりますし、股関節を柔らかくしておくことができ、体力を付けられます。

臨月の方に適した運動方法としては、スクワットと昇降運動になります。昇降運動は、階段で行えるので、自宅だけでなく、外出先のスーパーやデパートで行えます。また、スクワットは伸びが良くなり、骨盤底筋を鍛えられるでしょう。また、骨盤が広がることでお腹の中の赤ちゃんが下がりやすくなります。体調をみながら運動を取り入れていきましょう。