鍼

中国の伝統医学

鍼灸は中国伝統の医学です。病気の発症を未然に防ぐ「未病」という西洋医学にはない独自の哲学を持ちます。鍼灸による治療行為には国家資格が必要です。受験資格を得るには鍼灸を専門とする養成学校で三年間学ぶ必要があります。

詳しく見る

女の人

目の検査・訓練の専門家

視能訓練士は、視力検査等の視機能に関する各種検査及び回復訓練等を主な業とする医療関連の資格です。指定された養成施設で知識や技能を身につけ、国家試験に合格すると得られます。検査内容の多様化や高齢者の増加等によって需要が高まっています。

詳しく見る

ウーマン

メンタルの問題に対峙する

心理カウンセラーは国家資格ではなく民間や協会の認定する資格です。スクールもあれば通信教育講座もあります。あなたが心理カウンセラーになれば、悩みを抱えた誰かを一人でも多く救う事が出来るかもしれません。これこそやり甲斐のある仕事ではないでしょうか。

詳しく見る

相談

悩める人を支援しませんか

心理カウンセラーの資格は国家資格ではありません。ですから会社勤めしている方でもスクールや通信教育講座で気軽に取得出来るのです。心に悩みを抱える子供から大人まで、あなたの心理カウンセラーとしての資格が大いに役に立ち、それによって相談者を笑顔にする事も、命さえ救う事も出来るかもしれないのです。

詳しく見る

整体

整体師への道

手に職を付けたい方にとってお勧めの仕事の一つが整体師です。整体師になるには特定の死角がある訳ではありませんが、専門学校に通って必要な知識や技術を身に着けることが競争を勝ち抜く近道です。一度なれれば末永く生活に困ることはないでしょう。

詳しく見る

整体師を目指す

整体

知識と技術の習得には

高齢化社会が進行していることから、健康に関わる仕事の需要が高まっています。中でも体の痛みを改善する整体師への期待は高く、目指す人も増加中です。整体師は、国家資格等の公的な資格は必要ないとされています。つまり、何の知識や技術がない人でも整体師になるにはなれますが、それが実際に仕事として成り立つかといえば不可能でしょう。整体師になるには、人体のしくみや運動学等の知識、施術方法等の技術をきちんと学ぶことが必要なのです。このような知識や技術を学ぶために、多くの人は専門学校やスクールに通っています。専門学校やスクールは、全日制で数ヶ月学ぶ短期コース、1年制コース、2年制でじっくり学ぶコースの他、仕事を持つ社会人等のための夜間コース、土日などの休日に集中して学ぶコース等、学校ごとに様々な学び方を提案しています。また、学校の中には整体院が母体になっているところがあり、こうした学校は卒業後その母体の整体院に就職できるというメリットがあるのです。もちろん、一般の専門学校やスクールであっても卒業後の就職のサポートはきちんと行っていることから、整体師になるにはなんの問題もないでしょう。さらに、学校の多くは課程を修了すると整体師の民間資格を授与しています。先にあげたように整体師に資格は必須ではありませんが、この民間資格を得ることできちんとした知識と技術を得たという証明になるため、将来誰もが認めるトップ整体師になるには必要な資格といえるでしょう。専門学校やスクールにかかる費用はコース等によって違いがありますが、数ヶ月の短期コースなら50万円程、1年制では90万〜100万円程が相場となっています。

Copyright© 2018 整体師になるには専門学校に通うべし【採用率がグッと上がる】 All Rights Reserved.